品質・価格のベストパフォーマーをめざして。 想伸建設のコンセプト
想いがひろがる、そうしんグループの品質進化論

「全ての人の想い」を「最高の満足」というカタチにするために、想伸建設は、時代を 見つめながら住まいづくりを進化させてきました。
品質・価格の安定に配慮し、創業年には早くも初代自社標準仕様を発表。時流に合わせて仕様を更新し、デザインバリエーションも豊富になっています。工事原価管理システムも汎用ソフトから自社開発、最新システムへとバージョンアップ。
製品・サービスの国際標準 であるISOの取得、一級建築士事務所登録など次々と社内改革を実施してきました。

想いがひろがる、そうしんグループの品質進化論

そうしんグループについてはこちら

営業拠点も本社のある大津から、茨木、栗東、城陽、京都へとテリトリーを拡大。こうした成長の間にも、外装事業部「ルーフアンドウォール」をはじめ、土木、基礎、工務など多彩な事業部を設立。
宅地建物取引業者免許も取得し 不動産業にも対応する体制を整えました。「良質な家を安く提供する」から出発した事業は、主力の建築・リノベーション・注文住宅だけでなく、もはや建設会社の範疇を超えて広く関連産業にまで発展。外装事業部は、「有限会社ルーフアンドウォール」として独立し、国土交通大臣認定の5.0倍耐力壁の「i-panel」をメインに工務店・建設会社から高い評価を獲得。その後「リアルウッド建材株式会社」を設立して業務内容を引継ぎ、堅調な需要に応え甲賀市土山町にパネル製造の新工場を開業しました。

そうしんグループの会社についてはこちら

また、自社の住宅ブランド「グランデ」事業部は、「グランデホーム株式会社」として独立。全国的な住宅流通ネットワークであるセンチュリー21に加盟し、土地・新築一戸建販売からアフターメンテナンス、リフォームまでの総合住宅会社として本格的に始動します。
想伸建設は、これら住宅関連事業にとどまらず、現代に存在価値のある企業としての社会貢献をめざし、人と自然環境が調和する新たな事業に着手。
緑あふれる里山で農業体験のできるレクリエーション施設「そうしんファーム」の運営を開始します。想伸の家に住まわれるご家族だけでなく、広く一般の方々に開放し、自然とのふれあいを通じて環境保護の大切さを体感していただきたいと考えています。

そうしんグループの事業内容についてはこちら

想伸建設株式会社

良質な住まいから豊かな暮らしの環境へとひろがるご家族の「想い」を、
そうしんグループが総合力を存分に発揮してサポートしてまいります。